MIYAZAKI(宮崎)

田舎暮らしは不便だけどなんだかんだで最強説〜田舎で生きていく術〜

どうもこんにちは!
セツコです! ブログを読んで頂きありがとうございます。

最近ちょろっと噂に聞いたのですが
賢い人は田舎に引っ越してきてるみたいですやん…

コロナどーのこーのじゃなくて
最近田舎の価値が見直されてきているみたい。

そして私はこう思った

セツコ
セツコ
私の時代が来た!!

スポンサーリンク




田舎暮らしは不便だけどなんだかんだで最強説

都会で忙しく毎日働いていると、ふと思うのが「田舎でのんびり暮らしたいなぁ…」と感じること。ありませんか?

私は…ありませんでした。

おしまい。

私は宮崎県の田舎で生まれ育ち、小学生の時から都会に憧れを抱いていて、
とにかく都会へ行きたかった。

大阪に魅了され、大阪で10年以上住んでいたが…それでも私は今も大阪が大好きである。

しかしまぁ離婚をきっかけに宮崎に帰ってきて、やっぱりどこかしらで
田舎って最強やな…と思うことも多いんです。

実際に、移住して来ている人も最近ちらほら近所で聞きます。
結局は2拠点生活が最強かも…なんて思うけどそれは人それぞれ。

でもとにかく今の生活に不満がある方は、移住って言うのも考えてみるといいと思います。

田舎に住むメリット・デメリット

田舎に住むメリット

・とにかくのどかで自然が美しい
・生ドラム叩いても何も言われないほど隣が遠いw
・満員電車がない
・ちょっとPC詳しいだけでも重宝される
・家賃が安い
・治安がいい
・お金を使うことがない
・農家をしている人が沢山いるので食べ物には困らない
・移住支援で格安で住むことができる地域も多い

田舎に住むデメリット

・虫が多い
・おしゃれしなくなって老ける
・いじめは意外と多い
・やることがなくて都会に戻りたいと思うようになる
・仕事がない
・給料が安い
・家賃は安くても古い物件の可能性が高い
・車がないと生きていけない
・病院が少ない
・地域の集まりなどがわりと頻繁にある

あら。
デメリットの方がめっちゃ多くなっちゃったww

でも解決法があります!

田舎に住むデメリットの解消法

・虫が多い
→慣れる。良質なタンパク質だと思える。と言うより最近の殺虫剤は優秀。

・おしゃれしなくなって老ける
→無理やりおしゃれする機会を作る

・いじめは意外と多い
→いじめは田舎だからってないわけではないが、まぁ頻度は少ない。都会ほどえぐいいじめはない

・やることがなくて都会に戻りたいと思うようになる
→戻りたくなったら戻ればいいと思う。定期的に都会へ行けば満たされる

・仕事がない
ネットでできる仕事をすれば全て解決。

・給料が安い
ネットでできる仕事をすれば全て解決。最悪田舎なら自給自足で生きていける

・家賃は安くても古い物件の可能性が高い
→リノベして、古民家風新築にしちゃう!

・車がないと生きていけない
→免許取ろう。車買おう。最悪引きこもってれば別に車なくても困らない。

・病院が少ない
→少ないけどノンストレスなスローライフで病気にかかりにくくなる←私はねw

・地域の集まりなどがわりと頻繁にある
→これがなかなか面倒。でも参加すると楽しい。

こんなものでしょうか…
とにかくいくらでも対応策はあるんです。
ほんと、究極の対応策は、田舎と都会の2拠点生活がいいと思う!

なんでこれからの時代が田舎最強なのか

結局田舎のメリットデメリット
都会にもメリットデメリットがあって

まぁ最終的には人それぞれの好みで選べばいいと思うし
なんかこう、都会もありつつ田舎もある…なんてとこもあると思う。

どちらかを選ぶ必要もないのかも…なんてね。

ただ、最近都会から田舎に移住している人は、
やっぱり

「これからの時代、何かあっても生き残れるようにしておきたいから」
って言う人が多い。

確かに
地震とか来た時…
田舎ならまず田んぼも畑も多いから食べ物には困らない…(自分は作っていなくても、分けてくれる)

あと井戸があったり、川もあるし…
ライフラインが分断されても比較的生きる術が沢山あるのよね…

いやわかってる

すごく壮大すぎる話をしているのはわかってるw
けど、ほんとなんか…コロナとかも人の少ない田舎の方がかかりにくいのもそうだし

これからどんどん

生き残るために田舎を選ぶ。
そんな選択をする人が増えてくると思う。

実際我が家の土地を貸してほしいなんて声も最近あってさ…コソッ

もし移住で悩んでいる人がいるとすれば…

今!

今がチャンス!

と思うところなのでした…

チャンスtoチャンス。

スポンサーリンク




ABOUT ME
セツコ
31歳シングルマザーです。 大阪で結婚生活を送っていましたが、地元である宮崎県へ逃亡しました。 現在は1型糖尿病でもある小2の娘と気ままに暮らしています。 自由に、のんびり、なんにも縛られずに生きていたい。 時にはシド・ヴィシャスのようにパンクに。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。