プロフィール

サーフィンは軽い気持ちでやってもモテないし死ぬ。

どうもこんにちは!

セツコです! ブログを読んで頂きありがとうございます。
セツコって誰やねん!という方はこちらから→セツコとは…徹底的自己紹介。

セツコ
セツコ
サーファーについて…真面目なお話します!

そう、私、真面目ですねん。←

スポンサーリンク




宮崎に帰ってきて感じたこと

去年、大阪から宮崎に帰ってきて、約1年が経ったところなんですが…
今年…なんかもうほぼ毎日…は言い過ぎか…
なんか週1くらいで「サーファー死亡」のニュースを見るんです。

宮崎県って、サーファーがめちゃくちゃ多いし…どうやら波もすごくいいらいい。
(すいません私サーフィンやったことないし、全く経験ないですw)

サーフィンって、すごくいいスポーツだと思うし…
それで宮崎県に多くの人が興味を持ってくれるならいいな…って思うんですけどね。
でも…

サーフィンナメてたらマジで死ぬ

そう。
私これが言いたいんです。

なんでわざわざ台風とか来てるような時に行くの…?
まじで自然ナメてるでしょ?
人は水で死ぬんだよ。

と。

私のいとこの友達は、当時まだ高校生だったかな…
近所の海で遊んでて溺れてしまい

その時近くにいたサーファーが助けてくれたけど…サーファーの人はなくなってしまったんです。
このようなパターンもあるので、サーファーは人の命を救うこともできる…そんな可能性も秘めてるわけだけど…
でも自分の命が犠牲となることもある。

海ってね、ほんと怖いんです。
特に宮崎の海って、場所によっては穏やかに見えても、一気に波にさらわれてしまうこと、よくあります。
浅瀬でも。

浅瀬の波がゆるやかなところで子供を遊ばせていたらいつの間にかいなくなってた…
そんなこと、ほんとよくあるんです。

むしろありすぎてニュースにあんまりならないくらい。
サーファーのニュースも、ほんと一瞬だし、全国区ではやってないです。

もっと全国区でニュースすればいいのに…全国のサーファーびびらせてやれ!と私は思います。
サーファーが嫌いとかそんなんじゃないですw

むしろ、助けてくれたりと、良いイメージしかない。

ただ、自分の命を大切にしてください。と思うだけなんです。

結局サーファーやってもモテない

これは…サーフィンをやっていた人から聞いたんですが

結局サーフィンやっても全然モテないらしいですw
でしょうね。

むしろ私、小6くらいの時
当時もう成人していたいとこに

サーファーと付き合うのだけはやめたほうがいいよ

と教わったんです。w

理由は

波のことばっかり気にしてデートどころじゃないから

と言っていましたw
なんかあったんやろなーーーww

とにかく!モテたいと思って始めようとしている方がいるのであれば…
モテないし中途半端な気持ちで始めたら死ぬのでやめましょう。ということです。

きちんと学べば素晴らしいスポーツ

そう。
サーファーになりたいなら

しっかりと学んでやりましょう。
命を落とさないために。

いや、私も詳しいことはわかりませんよ。
だから、サーフィンやっている人からしたら

知らんくせになんやねん。ってなるかもしれないけど。

まず、宮崎に来てくれてサーフィンするなら
絶対地元のサーファーとかに、危ないスポットはないかとか聞いてください。

ほんっと、地元の人や海の近くに住んでいる人こそ、サーフィンしないんです。
怖いスポットがたくさんありすぎるから。

そして、最低限ですが人工呼吸とかは学んでおくべき。仲間を助けるためにね。
(私はサーフィンしませんが…毎年人工呼吸やAED講習に行ってます)

あと、アルコールを飲んでからとは絶対ダメ。
そして台風近づいてたり、波が高い時は、行きたくなる気持ちはわかるけど
絶対死ぬから←
やめましょう。

とりあえずまとめ

・サーフィンはちゃんと学んでやらないと死ぬ
・あと意外と細かいルールあってめんどいらしい
・まじで自分の命大切にしましょう
・サーフィンしながら死ぬなんて本望だぜとかまじないから
・サーフィンしてもモテないものはモテない

なんだか辛口でまとめてしまいましたがw
あまりにもちょいちょい、サーファー死亡事故ニュースがありすぎて

これはまじでまじでみんなちゃんと考えようよって思ったんです。
「自分は大丈夫」
そう思っている人こそ死にます。

自分の命を大切に。

 

宮崎県庁の災害対策本部で聞いたお話!どうもこんにちは! セツコです! ブログを読んで頂きありがとうございます。 セツコって誰やねん!という方はこちらから→セツコとは...

スポンサーリンク




ABOUT ME
セツコ
31歳シングルマザーです。 大阪で結婚生活を送っていましたが、地元である宮崎県へ逃亡しました。 現在は1型糖尿病でもある小2の娘と気ままに暮らしています。 自由に、のんびり、なんにも縛られずに生きていたい。 時にはシド・ヴィシャスのようにパンクに。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。