MUSIC(音楽)

コロナ禍ですがThe Birthdayのライブに行ってきた~感染対策抜群~

お久しぶりです!
精一杯生きております!

先日、コロナ禍ではありますがThe Birthdayのライブへ行ってきました!
コロナが蔓延する前は、月に1回、いや2回も3回もライブへ行っていた私ですから
コロナで何が辛いって

ライブに行けないこと!!!!
今回、大分県にThe Birthdayが来る!ってことで、久しぶりに行ってきました。

コロナ禍のライブハウスってどうなの?

という方のために!

コロナ禍のライブレビューをお届けします。
ちなみにThe Birthdayは、こんなバンド→The Birthday

スポンサーリンク




コロナ禍にライブ行ってきた

コロナ禍にライブに行くって、なかなか勇気のいることかもしれないですね。
嫌な世の中…

しかし私は結論から言うと、正直ちゃんと感染対策しているライブなら、
安心して楽しめる!と感じます。

正直、そこらへんのスーパーとかの方が危険なんじゃないの?ってくらい。

ライブに普段行かない方からすると、こんな時期にライブなんて…と思うかもしれませんが
やっぱり、音楽や娯楽を人間から取り上げてしまったら、人間らしさが半減すると思うんです。

実際に私もライブへ行って、全身ビリビリ電気が走ったような鳥肌が立つし
「また色々頑張ろう」って心底思いました。

誰かの活力になるんだから、やっぱり音楽は、ロックンロールは、生きるのに必要です。

ではでは、この時期でも安心してライブを楽しめるように!
具体的にどんな感染対策をしていたのかについて紹介していきます!

コロナ禍のライブハウスの感染対策

今回紹介するのはThe Birthdayのライブに行った時の感染対策ですが、
実は2020年の秋にADAM atのライブも行ったんです。岡山まで。

その時も、これから紹介するような感染対策だったので
基本的にどこのライブハウスも、ちゃんとしているところは、以下のような感染対策が行われているかと思います。

チケットを購入する時の注意点


まず、そもそもチケットを購入する際に注意書きがすごい。
その内容がこれ

■それぞれの開催日・開催地における新型コロナウイルスの感染状況により、政府・自治体体からの要請で開場時間を早めなければならない可能性がございます。
■客席内は政府・自治体からのガイドラインに沿った収容人数内で、お客様同士も間隔を開けた設定とさせて頂きます。スタンディングの公演は場内のお客様の足元にソーシャルディスタンスを確保するための立ち位置を設置致します。
■本公演はライブ中の歓声は禁止とさせて頂きます。
■ご入場に年齢の制限はございませんが、お客様同士の距離を確保できる席割りを設定するため、今回の公演はお子様の膝上での鑑賞もお断りさせて頂き、お1人様1枚のチケットを必要とさせていただきます。お子様の耳を守るためのイヤーマフ等を使用するなど各自ご準備ください。万が一お子様に怪我や事故等があった場合でも、主催者・出演者・運営・会場は一切の責任を負いません。
■お申し込みの際、もしくはご入場時に、ご来場される方のお名前とご連絡先をご登録いただきます。お客様の連絡先は後日陽性感染者の来場が判明した際には保健所等の公的機関に提出できるよう適切に管理させて頂きます。
■ご入場・ライブ観覧時はマスクの着用を必須とさせて頂きます。 マスク着用をご了承頂けないお客様には入場をお断りさせていただきます。マスクはお客様各自でご持参ください。またライブ中の歓声も本公演は禁止とさせて頂きます。 お客様には、大変ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。拒否される方には、入場をお断りさせていただきます。
■ご入場の際にスタッフが非接触タイプの検温を用いお客様の体温計測(検温)を実施させていただきます。検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認された場合、また検温を拒否される方には、入場をお断りさせていただきます。この場合、チケットの払い戻しは行いません。
※公演当日に下記の症状に当てはまる方はご来場をご遠慮ください。
・咳、呼吸困難、強い倦怠感、咽頭痛、味覚・嗅覚障害、下痢、嘔気・嘔吐の症状のある方
※公演当日に下記項目に該当する方はご入場頂けません。
・PCR検査歴があり、(a)有症状者では、発症日から10日未満、かつ、症状軽快後72時間以内 (b) 症状軽快後24時間経過から24時間以上の間隔をあけ、2回のPCR検査で陰性を確認できていない、または (c)無症状病原体保有者では、陰性確認から10日未満 (d)検体採取日から6日間経過後、24時間以上の間隔をあけ2回のPCR検査陰性を確認できていない
・濃厚接触者として自宅待機中の方、または家族が濃厚接触者として自宅待機中の方
・過去2週間内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への 訪問および当該在住者との濃厚接触がある方
※入場後に発熱、咳が止まらない等の症状が確認された場合は、ご退場いただく場合もございます。
■入場時に設置されました消毒液にて手指の消毒をお願いいたします。ご入場後は咳エチケットへのご協力、こまめな手洗いにもご協力ください。
■ご入場後、体調が悪くなった場合は、速やかにスタッフへお声がけください。
■出演者、同行クルー・設営スタッフはマスクまたはフェイスシールドを常時使用 (出演者は本番時を除く)し、入館前、入館後も検温と体調チェックを行います。 場内でのスタッフ間の距離も一定距離を保つものとします。
■出演者の会場の入待ち、出待ち、またプレゼントのお預かりも今回はお断りさせて頂きます。
■終演時の混雑を避けるため、分散退場、規制退場を行う場合もございますのでご協力ください。
お客様には、大変ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします

引用:https://eplus.jp/

まぁつらつらとこんなことが記載してあって、
これに同意しなければチケットの申し込みはできません!

こういうのって、なんかもう読む気失せて、しっかり読まないことがほとんどですが←おい
でも、しっかりと読む方がいいです(笑)

あとで「そんなの知らなかった!」では済みませんので…。

チケットは電子チケットかセルフもぎり

ドキドキしながら当日を迎えて
開場の30分ほど前に到着。

とは言え、整理番号が後ろの方だったのですぐに入ることはできず
整理番号順に並びます。

この時はまぁまぁ密な状態?なのですが、まぁ屋外だし気になる人は離れて待つ。
みたいな感じでしょうか。

私は近い整理番号の方とお話して楽しみました←おい。

いざ会場に入る時は
いつもはチケットを係の人に渡してもぎりをしてもらい
半券を貰う流れですが…

接触を避けるためにチケットはセルフもぎり!
スタッフさんが見ている前で自分でもぎります(笑)

ちなみに私は電子チケット(スマチケ)だったので
スタッフさんに画面を見せて、自分で画面をスワイプすることで
入場しました。

これで受付完了!的な感じです。

入口で検温&アルコール消毒


チケットセルフもぎりが完了した後は
入口でアルコール消毒!
そして検温をされます。

検温は画面に顔を映したら自動で出るあれです。
ちゃんと一人一人きっちりスタッフさんがチェックしておりました。

アルコールの販売はありだった


ちなみに
今回のライブハウスでは嬉しいことに
アルコールの販売あり!!!!!!
これは本当に心底嬉しい。とっても嬉しい。とんでもなく嬉しい!!!!!
いやはや嬉しい!←しつこい

なので、600円をお支払いして、ドリンクチケットを貰いました。
(ここでお金のやりとりが発生するので、感染対策的には不安に感じる方もいるかもしれませんね…)
まぁ、自分で気を付ければOK!←結局そこ

立ち位置が決まっている

この日のライブはオールスタンディング。
ですが、フロアには足のマークのシールが貼ってあって、
そこにしか立っちゃダメ!

という決まりになってました。

なので、そのシールの上に立てばまぁ、人と人との間隔は保たれるようになっています。
とは言えそうだなぁ…通勤ラッシュの御堂筋線ほどはないが、四つ橋線ぐらいの込み具合かなぁ…
あ、わかりにくくてすいません(笑)

ぎゅうぎゅうではないし、隣の人に当たるほどではないけど
ラジオ体操したらぶつかるかなぁ…ぐらいですね(笑)

ライブって、以前はもう本当にぎゅうぎゅうで、人と人が常に触れ合っている状態の
すし詰め感満載だったので、そう考えたらゆとりのある空間を作っているなぁと私は感じました。
ライブにあまり行かない人からすると、密に感じるのかも…。

もちろんマスクは着用


もちろんですが、マスクを着用していないと中に入れません。

正直私は喋ったりしなければマスクなんてしなくてもいいのでは?
と思います。

息苦しいし。

ですが、このご時世マスクなしでは非国民扱いですから
しなければいけません。

飲み物を飲む時はもちろん外しますが…
外したまま顎マスクになっている方には、スタッフさんが即注意しておりました…。

掛け声NG

掛け声はNGなので、ライブの最中もしーんとしております。
とは言え、拍手はOKなので変に静かな雰囲気にはなりません。

アンコールの時も拍手で。

あと、たまぁに掛け声NGなことを忘れて「チバ!」とか叫んでる人もいましたが
割とみんなすぐに我に返って黙ってました(笑)

みんなマナー守れる人だと安心ですね(笑)

結局こういうのって、ファンのマナー。それによって成り立つものです。

ライブハウスを出る時は順番に


ライブが終わった後は、順番に出るように指示されます。
「中央の方~」
「後方の方~こちらから…」

みたいな感じで、ブロックごとに会場を出るように指示される感じです。

ここでも密にならないよう工夫されてるわけですな…。

出る時もアルコール消毒

ライブハウスの出口には、またアルコール消毒が置いてあって
そこで消毒をして出るようになっています。

狭い出口のど真ん中にアルコールが置いてあるので、
スタッフがチェックしているわけではないですが

ちゃんと消毒しないと出るのはちょっと気まずい空気感になっていて
みんなちゃんと消毒してました(笑)

コロナ禍でもライブハウスは安心安全


今回、久々のライブハウスで
多少なりとも不安はありましたが

まぁこれは本当に人それぞれではありますが(笑)
私はライブハウスは安全だと思う!!!!

というか
安全な空間になるかならないかは
ファンのマナー次第!!!!

つまり!

ファンの質!(キッパリ)
ファンの質が良ければ安全なライブハウスになるし

ファンの質が良くなければ危険なライブハウスになるということです!

以上!!!!!(笑)
最後までご覧いただき誠にありがとうございました♡

スポンサーリンク




ABOUT ME
セツコ
31歳シングルマザーです。 大阪で結婚生活を送っていましたが、地元である宮崎県へ逃亡しました。 現在は1型糖尿病でもある小2の娘と気ままに暮らしています。 自由に、のんびり、なんにも縛られずに生きていたい。 時にはシド・ヴィシャスのようにパンクに。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。