プロフィール

1型糖尿病の就職はどうやら難しいらしい

どうもこんにちは!

セツコです! ブログを読んで頂きありがとうございます。

セツコって誰やねん!という方はこちらから→セツコとは…徹底的自己紹介。

今回は、1型糖尿病の娘がとあるカウンセラーの方に言われた言葉について…思い出して書いてみます。

お付き合いよろしくお願いします。

スポンサーリンク



1型糖尿病のカウンセリングを受けてみた


私の娘は1型糖尿病で、とある…まぁ1型糖尿病の子供達が集まるイベント的なものに参加したことがあるんです。

そこで色々な病院の1型糖尿病にも詳しい医師に、子供の日頃の血糖値データなどを元にアドバイスを受けることができる機会があったので参加しました。というか…強制参加というかw

まぁ、イベントに来たからには…と思って受けました。アドバイスをしてくれる医師は沢山いるのですが、自分から「あの先生がいい」などと指名←w はできないシステム。

セツコ
セツコ
どうせ話すなら若い爽やかドクターがいい(私も娘も)

と思いつつも、私たちは西田敏行みたいな先生にアドバイスをもらう運びとなりました。

1型糖尿病だとなかなか就職できないらしい

その先生は一見ニコニコしていて優しそうな雰囲気だったにも関わらず、ジャックナイフかのような言葉で私たちを滅多刺しにしてきたのだ…

言葉責めは嫌いじゃない。むしろ好きだ。←

でもやっぱり、言葉責めはベッドの中だけでいい!←

「大企業には就職できないでしょう」


1型糖尿病というだけで、企業は採用しないと言われました。はっきりと。
ちょっと待って…娘は当時7歳。しかも就職の相談なんて1ミリもしていないぞ…

そして心配すらしていない…なんなんだこの人は…でも終始ニコニコしてやがる。
いや、たぶん本人はリアルな日本の現状を伝えたかったのだろう。

悪気がないところが余計にタチが悪い。

「特に女の子だから仕事は難しいね」


出たー!!
差別発言!!

いいよいいよドンと来い!
その間、私と同席していた私の母は、ひたすら

「へ、へぇー…そうですかぁー。」と繰り返してました。
不思議なことに、こうゆう時って記憶があんまりないんですよねw

どう受け答えしてたんだろう私…と思います。
言われたことはしっかりきっちり覚えてますがw

「まぁ頑張ってね」

はい。
きました。極め付けの適当な一言。

結局何をアドバイスされたのか一切覚えてません。最初の言葉が衝撃すぎて。
おっしゃる通りに頑張りますよ。むしろ頑張っていますよ娘は。そしてもう頑張るとかそんな次元じゃないんだよね。

興味ない人とデートして、帰りに「また連絡するね」と言って絶対にしない。
それと同じだ。

この人は患者のことをただの患者としか思っていないんだ。
そしてその人は今現在もどこかの病院で、医師をしているだろう。ぞっとするぜ。

就職できない?だから何?


1型糖尿病だと就職できない。
そう言われてイラっとはしたものの、当の本人は一切気にしていませんし私も気にしていません。

だって

そんなことわかってる。から

大体娘が成人する頃に、今の日本があるとも私は思っていない。
大きな地震が来てなくなるかもしれない。地球が滅亡しているかもしれない。そもそも生きてるかわからない。(すいません私そんな考えなんですw)

娘には、成長した時に色々な選択ができるように

英会話

ピアノ

ドラム

をやらせている。全て本人がやりたいと言ったこと。
でもこの3つはきっと、娘の大きな武器になると思っているし、就職できないからと言ってめげるような娘ではないと信じている。

就職できないからって、何?
そんなこと、屁のようなもの。

じゃあ自分で起業すればいい。フリーランスで仕事すればいい。(実際私もそうだ)

正直
就職できないことは人生においてチン◯スのようなもの。

娘よ…これからあなたは様々な場所で傷つくことになるだろう。
あまりにも世間を知らなすぎて、ナイフを振りかざす人間は腐る程いる。

けど彼らが悪いわけじゃない。彼らはかわいそうなだけだ。知らなすぎるだけだから。
どうか、娘には自由に生きてほしい。それだけである。

とりあえずまとめ

・1型糖尿病だと就職できない(難しい)ようだ
・そんなことわかってる。てめぇはてめぇの心配をしろ
・就職できないことは人生において屁のようなものだ
・いろんな可能性を準備すればいいだけ
・強く生きろ

娘が細菌性胃腸炎にケトアシドーシスで入院生活3日目!どうもこんにちは! セツコです! ブログを読んで頂きありがとうございます。 セツコって誰やねん!という方はこちらから→セツコとは...

スポンサーリンク

 




ABOUT ME
セツコ
31歳シングルマザーです。 大阪で結婚生活を送っていましたが、地元である宮崎県へ逃亡しました。 現在は1型糖尿病でもある小2の娘と気ままに暮らしています。 自由に、のんびり、なんにも縛られずに生きていたい。 時にはシド・ヴィシャスのようにパンクに。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。